宴会や飲み会前に知っておきたい悪酔いの予防方法とその食べ物とは⁈

宴会や飲み会と言えば、「お酒」!どんな人でも、お酒での「失敗」は1つや2つはあるもの…そこで今回は、お酒を飲む人を悩ませる「悪酔い」のメカニズムと対策についてご紹介します!

飲み会の最中の「頭痛」「嘔吐」「下痢」「倦怠感」に悩んでいる人は、必見です!

実は違った⁈「悪酔い」と「二日酔い」の差とは⁈

お酒を飲むことで、悩まされるのが、「頭痛」「吐き気」…。そんな辛い症状は、飲酒からどのくらいの時間経って出てきたのかによって、使用する言葉が厳密には異なります!

  • 悪酔い:飲酒後、約2時間以上 経って現れる症状
  • 二日酔い:飲酒後、約8時間以上 経って現れる症状

では、「悪酔い」の症状の違いとは何でしょうか?

楽しい飲み会中に「頭が痛い」は悪酔い⁈悪酔いメカニズムとは?

先ほども記載しましたが、悪酔いは、飲酒を始めてから約2時間から3時間ほどして、頭痛や倦怠感、吐き気が症状として現れます。では、この悪酔いは、なぜ引き起こされるのでしょうか?

上の図のアルコール分解のメカニズムから紐解いていこうと思います!アルコールは、胃や小腸での吸収で、肝臓に運ばれます。これは、もう皆さんもご存知ですよね?しかし問題はここからです!

人によって、肝臓のアルコール代謝のパフォーマンスは異なります。諸説では、遺伝によるものとされたり、生まれつきとされますが、この肝臓のパフォーマンスとは、詳細にはどのようなことなのでしょうか?

【ここ重要な悪酔い誘発ポイント】
図にも記載していますが、肝臓内では、アルコールを二段階で、分解していきます!アルコールを完全に酢酸という物質に分解するまでに数時間というかなりの時間を要します。そのため、肝臓が処理する分量以上に飲酒をすると、肝臓の代謝がそれに追いつかずに、代謝に追いつかなかった分は、心臓に送られて、一定の時間、全身を巡って肝臓に戻ってきます!

その間も飲酒をしていれば、血中のアルコール濃度はもとより肝臓内で代謝中のアルコール濃度も上昇し、頭痛や吐き気の症状が現れてしまうようになります…本当にこれは辛いので、ちゃんと予防はしましょうね!

要するに、悪酔いというのは、肝臓の代謝以上に飲酒をしてしまうことで引き起こされてしまうということなのです…

悪酔い予防のポイントとは⁈

悪酔い予防は、アルコールを「飲むスピードを控える」「吸収を抑える」「代謝パフォーマンスを上げる」「血中アルコール濃度を下げる」の4つが重要です!

  1. 飲むスピードを抑える
    先ほどの説明でもご紹介しましたが、悪酔いは、アルコールの代謝以上に飲酒してしまっているので、それをゆっくり飲むことをおすすめします!
  2. 吸収を抑える
    アルコール吸収を抑えることは、肝臓に送られるアルコールが抑えられ、それによって、血中のアルコール濃度を抑えることができます。

    具体的な方法:胃腸薬や油の摂取による胃腸粘膜の保護、高たんぱく質食品(腸での吸収抑える)や高脂肪食品の摂取(胃での吸収を抑える) 
    ※高たんぱく質食品:肉、卵、枝豆、豆腐、納豆 
    ※高脂肪食品:牛乳、肉、卵、チーズ、ナッツ
  3. アルコール代謝パフォーマンスを上げる
    アルコール代謝を上げるには、肝臓の機能回復を高める食品や飲み物がおすすめです!そのためには、クルクミン・ビタミンB群などの栄養素を取るといいとされています!忘年会中に取れる食べ物
    クルクミン:ウコン(例えば:ウコンの力(顆粒)レバウルフなど)
    ビタミンB群:もやし、カキ、レバー、チーズ、ごま、豚肉など
  4. 血中アルコール濃度を下げる
    血中アルコール濃度が下がるには、ごまやごま油に含まれるセサミンという物質が効果ありとされています!
    【飲んでおきたいセサミンサプリメント】

悪酔い予防に最適なものとは⁈

⒈ チーズ

チーズは、胃でのアルコール吸収を抑えてくれるだけではなく、肝臓の機能を高めてくれる効果もあります。和食などのお店でない場合は、チーズの代わりに、乳製品を取ることも良いとされています。

⒉ 枝豆

枝豆には、腸でのアルコール吸収を抑える効果があり、またそれだけではなく、しじみなどに含まれ、肝臓の機能改善にも効果があるオルニチンも配合されているので、おすすめです!

⒊ ウコン

ウコンは、医薬品などにも使用されるほど、肝機能改善にとっては、優れものです!このウコンは、ドリンクでもウコンの力やヘパリーゼ、レバウルフにも高配合されています!

悪酔い防止!おすすめドリンク

悪酔い防止や二日酔い防止のドリンクやサプリメントは、世の中にたくさん出回っていますが、その中でも、サケレコおすすめのより効果が高いドリンクをご紹介します!

こういった悪酔いや二日酔いに効果があるドリンクは、飲酒の30分〜1時間前には飲んでおくことをおすすめします!ぜひ、忘年会の前に、コンビニでの購入や自宅持参で飲むようにしましょう!

どこでも買える!今や悪酔い・二日酔い防止ドリンクの代名詞「ヘパリーゼ」

コンビニで買えるもっとも二日酔い防止に効果があると言っても過言ではない「ヘパリーゼW プレミアム」。これは、肝臓エキス250mgとウコンエキス、そしてコンドロイチンが配合されています!肝臓エキスとウコンは、肝臓の機能向上に一役買うのは、ご存知だと思うが、コンドロイチンは、吸収力を高める効果があるので、ヘパリーゼ W プレミアムの吸収効率を高めてくれます!

それだけではありません!ウコンに含まれているクルクミンの吸収を高めてくれる「黒コショウ抽出物」も配合されているので、アルコールの代謝には打って付けのドリンクです!

発売以来、大人気のサプリメント「スパリブ」

スパリブは、アルコール代謝をよくするサプリメントです!もう少し詳しく説明すると、悪酔いや二日酔いで頭痛になったり、吐き気を引き起こすのは、アルコールを分解してできる「アセトアルデヒド」が強い毒性を持っているからです!そこで、このスパリブは、そのアセトアルデヒドを中和させてくれます!

女性の美容にもおすすめで、「コエンザイムQ10」や「L-シスチン」を高配合おり、また抗酸化作用の「ビタミンC」も含んでいるため、お肌にも効果的です!

まとめ

年末年始は、家族や友人、会社の同僚と飲むことが増えると思います!ぜひ、この記事を参考に、悪酔い・二日酔いを予防してみてはいかがでしょうか?

【この記事もおすすめ】

【二日酔い防止】飲む前対策に絶対に飲みたい二日酔い防止ドリンク5選

The following two tabs change content below.
SAKE RECO 編集長

SAKE RECO 編集長

日本のお酒をこよなく愛する「SAKE RECO」の編集長。特に、日本酒はもちろんのこと、「クラフトジン」や「焼酎」にどハマり中。お酒ばっかりだと太るので、「マラソン×筋トレ」は日課。以前から日本ワインは勉強中!

【石岡酒造と恵比寿今市の日本酒コースイベント】

コメントする

*
*
* (公開されません)

スポンサードサーチ